人生の苦しみとどう向き合うかを教えてくれた成功者の言葉 |ショーン・スティーブンソン

起業すると見返りもある反面それに伴って痛みや苦しみも大きくなっていきます。長時間労働や仲間との衝突など目に見えた痛みや苦しみもあれば、これまでの自分の成功体験を捨てたり習慣などを改めざるを得ないような見えない痛みや苦しみなど様々です。

ただし、それらの痛みや苦しみは、起業すれば出てくるというものではなく会社員でももちろん発生します。その痛みや苦しみについて多くのビジネスパーソンは痛みが発生しないようにと様々なことを試みようとします。そして、それらの痛みを感じずにどのようにすれば楽に生きるか?

ということを教えるために様々な自己啓発書籍やセミナーが巷では開催されていたりします。そのようなセミナーが多い中私が参加して非常に感銘を受けた人物がいました。

彼の名はショーン・スティーブンソン

名前は聞いたことがあるかもしれませんが、彼は骨形成不全という先天性疾患により、18 歳になっても身長は 90cm で止まり、車椅子の生活を余儀なくされました。ですが、彼はその生まれつきのハンデをものともせず、自分に打ち勝ってきた中でアンソニー・ロビンズと同じ壇上に立ちクリントン大統領とも仕事をしました。

その彼がとある大規模セミナーで登壇した時のことです。彼は幼い頃、自分に起こった身体的な悲劇に打ちひしがれていた時に最愛なる母親からの言葉が人生の転換点になったと言いました。

先天的なハンデをものともせずに今の彼を作ったその言葉とは、、、

===============================

痛みは避けられないが、どの苦しみを受け入れるかは選べる

痛みの目的さえ分かってしまえば、それを乗り越える意欲が湧いてくる

===============================

痛みに込められたギフトを見つければ、痛みが緩和することはなくても、それを乗り越える準備ができるとシェーンは続けて言っていました。私たちは日々、痛みや苦しみを嫌いがちです。だからこそ、楽にできるような道を探します。

ですが、人生からそもそも痛み自体が取り除けないと覚悟を持った時、どの苦しみをどのように乗り越えるかは私たちに選択権があるのです。

ぜひ参考にしてみてください。

それでは、また。

株式会社ビッグオー代表

執筆者  園田隆之

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です