協力関係を築く3つの要素 | ブレンドン・バーチャード

今日は、ブレンドン・バーチャードの“協力モデル”について紐解いていきたいと思います。もし、あなたが

  • 新しいビジネスを立ち上げたい
  • 新サービスを展開したい
  • 既存のビジネスを大きく展開したい
  • ビジネスを爆発的に成長させたい

とお考えであれば、ブレンドン・バーチャードが言う、組織・企業への“協力モデル”取り入れてみてください。

“協力モデル”を実践するために必要な3つの要素をお伝えしていきたいと思います。

———————————-

適切なポジショニング

———————————–

1つ目は、適切なポジショニングです。

あなたが組織や企業を巻き込むにあたり、

企画プロジェクトで何をしたいのか?

どんなメッセージを発していくのか?

何を提供したいのか?

どんな活動をするのか?

それを行う情熱や理由は?

といった企画プロジェクトの提案が必要になりますね。

ご自身のビジネスをする際も同様に、ビジネス企画は必要ですが、大事なのは下記の2つのポジショニングです。

①組織の戦略に合わせること

組織は、あなたも知っている通り、組織の都合で動きます。だからこそ、組織の向かう方向性、ビジョン・目標、戦略に合わせることで初めて協力関係が築けます。

②組織のマーケティング活動に合わせること

組織・企業が取り組んでいるマーケティング活動をよく見ることです。すると、潜在顧客が誰で、何を提供するのか、がわかります。それとあなたの事業をつなげることです。企画プロジェクトが共感できたら、協力するか?答えはNOです。企業・組織の進む方向性とあなたの提案する企画の方向が、合致していることで、協力関係が築けるのです。

———————————-

適切な提案資料

———————————-

2つ目は、適切な提案資料です。

企画を考えたら、それを文書化し、資料とすることです。相手は企業であり、組織で動いています。だからこそ、それぞれの担当者・関係者がいる訳です。関係者がパッと見て、活動内容、実施者、協力の理由、メリット、何を提供するのかが、文書化することで伝わり、手続きが進みます。

———————————-

適切なプロセス

———————————-

ブレンドンから引用すると、“世界にメッセージを伝えるための関係を 築くべき相手は一人です“

提案アプローチの真理だと思います。組織・企業は、一見、大人数ですし、規模が大きいですが、物事を決めるのは組織の中枢の数名です。そのたった一人にアプローチし、関係を築く。これならできますね。

では、どうやってアプローチ先の組織・企業を見つけるのか?

それは、広告を見ればすぐに分かります。どの企業が、あなたと共通のメッセージを同様のターゲットへ発信しているかを調べると、適切なアプローチ先が見つかります。

あなたのミッションとメッセージとの共通を見出し、ターゲット層が一致しているかを確認すれば良いのです。あなたと企業のターゲットが一致し、ミッションの共通があれば、協力関係が築けます。

あなたがビジネスを爆発的に成長させたいと思うのであれば、ぜひ、“協力モデル”を取り入れてみてください。

  • 組織の戦略に合致しているか?
  • 組織のマーケティングに合致しているか?
  • 相手にメリットが伝わる資料か?
  • アプローチする先はどこか?

を考え、実行に移すことで、相手と協力関係が築けるようになります。

それでは、また。

株式会社ビッグオー代表
執筆者  園田隆之

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です