差別化で忘れてはいけない観点とは? | マーシー・シャイモフ

時代は常に変化しています。そんな中、あなたのビジネスでは、時代感を踏まえたサービスを提供しているでしょうか?ビジネスをしていると、当然競合がいます。その中でよく言われることとして、「差別化を行うこと」というのはあなたも聞いたことがあるかと思います。例えば、

・他の競合にはなく、自社がだからこそ提供できる価値は何なのか?

・あなたのサービスのターゲットの意識にある当たり前を裏切る価値とは何か?

・あなたのサービスの中で思い切ってなくしてみたら差別化できることはないですか?

といった切り口はこれまでも聞いたことがあるかもしれません。ただ、その切り口で差別化したとしても、いずれは生き残っていけなくなるのです。差別化し、生き残っていくためには、ある観点を考慮する必要があります。何だと思いますか?

——————————–
それは、時代感です。
——————————–

マーシー・シャイモフの言葉を引用します。

「私たちは今、革命のまっただ中にいます。私はこれを幸福の革命と呼んでいます。これは地球規模の革命です。かつて誰も経験したことない形で歴史上初めて『幸福感』に大きな焦点を当てる時代となったのです。ハッピーであることがかっこいい時代なのです。」

マーシー・シャイモフは、ベストセラー著者であり、幸せを追求するための革新的な方法を世の中に伝えています。彼女は、幸福、成功、そして引き寄せの法則などに関する権威であり、これまで世界中の多くの人に影響与えてきています。自己啓発やパフォーマンス改善に関する講演を企業や非営利団体、女性団体に行っています。そのクライアントはAT&T、またGMといったフォーチュン500企業などでも、トレーニングを行う講師でもあります。

今でこそ、彼女は世界規模で活躍する起業家ですが、仮に彼女が10年前に同じメッセージを発信していたとして、これほど世の中、社会に受け入れられていたでしょうか?おそらく、答えはNO!でしょう。今の時代だからこそ求められるテーマだと思います。ザッポス社のトニー・シェイのように世界最大級の企業のCEOが、「幸福」を提唱し、個人として、また企業として幸せを届ける事を目標に掲げる時代になっています。時代は常に変化しています。

・あなたが取り組んでいるビジネス、サービスで時代感を考慮した時に、どんな価値が提供できるようになるでしょうか?

ぜひ考えてみて下さい。

それでは、また。


株式会社ビッグオー代表
執筆者  園田隆之

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です